天上の虹

働く女性に大きなヒントを与えてくれる、古代の女帝を描いた作品

天上の虹 20巻
著者:里中 満智子
出版社:講談社


女帝・持統天皇の人生を描いた大作。
1983年から連載が開始され、2007年2月に20巻が発行、現在まで続いています。私がこの作品に出会ったのは中学生のころ。

この本のおかげで日本史の授業がとても実のある楽しいものになり、そして奈良や仏教への興味関心を持つきっかけを作ってくれた作品です。「天上の虹」なくしては今の私の人生はなかったでしょう、ほんとに!

ところで持統天皇といえば「姉の子である大津皇子を謀反の罪で葬った冷徹な女帝」としてとらえられることが多いようですが、その冷たい決断を下すために抱えた苦悩、そして女性として政治をつかさどる大変さなどが丁寧に描かれていて、今までの持統天皇の見方を変えた作品ともいえそうです。きっと彼岸で持統天皇は里中先生に「わかってくれてありがとう」と感謝されていることでしょう。

私の少女時代には物語の中の恋愛部分に非常に関心を持っていたのですが、今また読み返してみると「これって働く女性にとってのバイブルといえるかも」という見方が出てきました。

まだまだ男社会の現代、それよりももっと男社会だった奈良時代に時代をひっぱってきた彼女の苦悩は、現代の働く女性にも共感する部分は多いはず。
大作で読むのにも時間がかかりますが、たくさんの人に読んでほしいな、と思います。

(レビュー:えつこ)

| 日本の歴史 | 01:25 | - | - | - | - |

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recommend
紫の履歴書
紫の履歴書 (JUGEMレビュー »)
美輪 明宏
今回で四回目の出版となる美輪明宏の自伝。
Recommend
愛と美の法則
愛と美の法則 (JUGEMレビュー »)
美輪明宏
2005年に放送され大好評を博した、「NHK人間講座 人生・愛と美の法則」のテキストに、ビジュアルの再編集を加え、新たな装いで書籍化されました。
Recommend
微笑みの首飾り
微笑みの首飾り (JUGEMレビュー »)
美輪 明宏
あらゆる差別がなくなり、みんなほほえみあって生きてゆける世界―その実現こそ私の悲願なのです。
南無の会辻説法
Recommend
天上の虹 20―持統天皇物語 (20) (講談社コミックスキス)
天上の虹 20―持統天皇物語 (20) (講談社コミックスキス) (JUGEMレビュー »)
里中 満智子
女帝・持統天皇の人生を描いた大作! 現代の働く女性にもヒントがいっぱい。
Recommend
仏教「超」入門
仏教「超」入門 (JUGEMレビュー »)
白取 春彦
仏教のなりたちから、日本の仏教の不思議まで、ほんっとにわかりやすい入門書です。
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM