<< 仏教入門書 その5 | main | NHK こころの時代 宗教の時間 >>

日本語のお経



 
意味不明でありがたいのか――お経は日本語で
祥伝社    戸次 公正 著




「教会で聖書は日本語で読まれているのに、なぜお寺のお経は漢訳の音読なのか? 
わけのわからないお経を聞かされて、正座の足が痛いだけの葬式は、
自然な姿なのだろうか?」

そう疑問を感じた著者は、古刹の僧侶である自分の使命として、
お経の現代日本語訳に取り組んできました。
お経は、読んでわかり、聞いてうなずけてこそ、死者の魂を慰め、
残された人の心を安らかにさせてくれます。
 現代日本語に訳され、それが葬式の場で読まれて、はじめて釈迦が、
仏教の先人たちが、何を伝えようとしたのかがわかるのです。

この本は、新しい葬式の形を提案するとともに、仏教に親しむために
何が大切かを教えてくれます。


ひらがなで読むお経 (角川oneテーマ21)
角川書店   大角 修 著




色即是空の「般若心経」から食の作法を説く「五感の偈」まで、
生活に密着した経文をひらがなで読み解く日本一わかりやすいお経の本です。

色即是空
摩訶般若波羅蜜多心経“般若心経”―すべてのこだわりを捨てよ

南無観世音菩薩
妙法蓮華経観世音菩薩普門品第二十五“普門品偈”―彼の観音の力を念じよ ほか

光において―南無阿弥陀仏
仏説無量寿経四警偈“重誓偈”―仏の御名を讃えよ
一枚起請文―念仏の心を伝える法然上人の遺言 ほか

時を超えて―南無妙法蓮華経
妙法蓮華経方便品第二―すべてが一つにつながる聖なる道
妙法蓮華経如来寿量品第十六“自我偈”―永遠の仏のもとに ほか

聖句と歌―願文・誓詞・真言・御詠歌など
開経偈―仏の真実を我に
普回向―共にさとりの安らぎを ほか


| 仏教/おしえ | 15:03 | - | - | - | - |

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recommend
紫の履歴書
紫の履歴書 (JUGEMレビュー »)
美輪 明宏
今回で四回目の出版となる美輪明宏の自伝。
Recommend
愛と美の法則
愛と美の法則 (JUGEMレビュー »)
美輪明宏
2005年に放送され大好評を博した、「NHK人間講座 人生・愛と美の法則」のテキストに、ビジュアルの再編集を加え、新たな装いで書籍化されました。
Recommend
微笑みの首飾り
微笑みの首飾り (JUGEMレビュー »)
美輪 明宏
あらゆる差別がなくなり、みんなほほえみあって生きてゆける世界―その実現こそ私の悲願なのです。
南無の会辻説法
Recommend
天上の虹 20―持統天皇物語 (20) (講談社コミックスキス)
天上の虹 20―持統天皇物語 (20) (講談社コミックスキス) (JUGEMレビュー »)
里中 満智子
女帝・持統天皇の人生を描いた大作! 現代の働く女性にもヒントがいっぱい。
Recommend
仏教「超」入門
仏教「超」入門 (JUGEMレビュー »)
白取 春彦
仏教のなりたちから、日本の仏教の不思議まで、ほんっとにわかりやすい入門書です。
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM