<< 必読の書 その1 | main | 仏教入門書 その5 >>

日本最古の旅日記

 入唐求法巡礼行記

慈覚大師円仁の著わした『入唐求法巡礼行記』は、日本最古の旅日記で、
マルコポーロの「東方見聞録」、玄奘三蔵の「大唐西域記」と
並び世界三大旅行記の一つとされる。

日蓮の「立正安国論」にも記され平安・鎌倉時代にはかなり著名だった。
この本が歴史に再登場するのは明治16年に東寺観智院で写本が発見されてからである。

五台山への巡礼、長安資聖寺での生活、廃仏毀釈の法難。
九年半にわたる円仁のさすらいと冒険の旅の記録は、
唐代動乱の政治や庶民の生活を克明正確に描写する。


入唐求法巡礼行記 (中公文庫)



円仁 唐代中国への旅 (講談社学術文庫) [文庫]



入唐求法巡礼行記 (1)(2) 東洋文庫

慈覚大師円仁について
円仁は、延暦13年(794年)下野国都賀郡(栃木県下都賀郡)の豪族・壬生氏に生まれ、
9歳から都賀郡小野の大慈寺の住職広智について修行を積み、
大同3年(808年)、15歳で比叡山に登って伝教大師最澄の弟子となった。

承和5年(838年)遣唐船で唐に渡り、山東省の赤山法華院や福建省の開元寺、
中国仏教三大霊山に数えられる五台山で修行し、承和14年(847年)に帰国した。

帰国後、円仁は朝廷の信任を得、斉衡元年(854年)61歳の時に延暦寺の座主となった。
後に「金剛頂経疏」などを著したが、貞観6年(864年)に71歳で没した。
その2年後の貞観8年 (866)、生前の業績を称えられ、日本で初の
大師号・慈覚大師の諡号(しごう)が授けられた。


| 日本の歴史 | 16:51 | - | - | - | - |

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recommend
紫の履歴書
紫の履歴書 (JUGEMレビュー »)
美輪 明宏
今回で四回目の出版となる美輪明宏の自伝。
Recommend
愛と美の法則
愛と美の法則 (JUGEMレビュー »)
美輪明宏
2005年に放送され大好評を博した、「NHK人間講座 人生・愛と美の法則」のテキストに、ビジュアルの再編集を加え、新たな装いで書籍化されました。
Recommend
微笑みの首飾り
微笑みの首飾り (JUGEMレビュー »)
美輪 明宏
あらゆる差別がなくなり、みんなほほえみあって生きてゆける世界―その実現こそ私の悲願なのです。
南無の会辻説法
Recommend
天上の虹 20―持統天皇物語 (20) (講談社コミックスキス)
天上の虹 20―持統天皇物語 (20) (講談社コミックスキス) (JUGEMレビュー »)
里中 満智子
女帝・持統天皇の人生を描いた大作! 現代の働く女性にもヒントがいっぱい。
Recommend
仏教「超」入門
仏教「超」入門 (JUGEMレビュー »)
白取 春彦
仏教のなりたちから、日本の仏教の不思議まで、ほんっとにわかりやすい入門書です。
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM