<< 仏教入門書 その2 | main | 二千五百年前、仏教はここで生まれた! >>

紀野一義 先生の本

般若心経を読む (講談社現代新書)



般若心経は、日本でもっとも歴史の古いお経である。
もう千年以上も日本人はこのお経をとなえつづけているだろう。
しかもこの般若心経は、日本の法隆寺にある梵本が世界最古の
梵本だといわれている。
そして、日本人が一番よく知っているお経でもある。・・・

人は時として人生に空しさを感じ、迷い、心の支えを求める。
生きる力を、救いを与えてくれる世界はないものか。
「般若心経」は、衆生の苦厄を救うために説かれた。
この世に存在するすべてのものは、実体がない。
ゆえに、迷いも、苦しみも、老いも死もなく、
永遠のやすらぎがえられるという。
「ぎゃあてい ぎゃあてい……」の呪文は、さとれる人への、
それを目指さんとする人への讃歌である。
信ずるとは、さとりとは、真実とは、「空」とは、「色」とは、
生きるとは……。
人が生きていくうえでぶつかる様々な悩みを通して、
「般若心経」の真髄に迫る。

空しさの中にゆたかさを見る――
たしかにこの世は空しい。人間のすることもあてにはならない。
しかし、あてにはならないと思っているからこそ、時として、
人間とはなんとすばらしい存在だろうと思えるのではないか。
生きていることは確かにあてにならない。
人の命はまことにはかないものである。
だからこそ、今生きているということが、たとえようもなく
すばらしいことだと感じとられるのではないか。・・・・

そのとき、空しかった空はもう少しもむなしいものではなく、
広大無辺なひろがり、神の胸、仏のふところ、
あたたかな永遠の生命の中にぴったりと抱かれていることに
気づく。
それを「空即是色」というのである。
そんなゆたかな、ゆったりとした、途方もない人生が、
この世の中にちゃんと実在するのである。
それを私たちは、「真実」と呼ぶのである。――本書より


法華経を読む (講談社現代新書)



人間の悩み、恨み、欲望はつきるところをしらない。
この世のすべてのものを肯定して、さわやかに明るく
生きることはできないものか。
「法華経」はいう。自分は救えなくとも、人を救えと。
私利私欲をすてて生きると、見るもの聞くものみな美しくなり、
さとりは、突然にやってくると。
太陽や月の光が、暗いところを照らし出すように衆生の闇を滅し
人々をゆったりとした絶対肯定・無限抱擁の世界へ導いてくれる
「法華経」の真髄を、数々の生きざまを通して語る。
宇宙的な超越世界に読者を誘う心の書である。


| 仏教/おしえ | 16:32 | - | - | - | - |

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recommend
紫の履歴書
紫の履歴書 (JUGEMレビュー »)
美輪 明宏
今回で四回目の出版となる美輪明宏の自伝。
Recommend
愛と美の法則
愛と美の法則 (JUGEMレビュー »)
美輪明宏
2005年に放送され大好評を博した、「NHK人間講座 人生・愛と美の法則」のテキストに、ビジュアルの再編集を加え、新たな装いで書籍化されました。
Recommend
微笑みの首飾り
微笑みの首飾り (JUGEMレビュー »)
美輪 明宏
あらゆる差別がなくなり、みんなほほえみあって生きてゆける世界―その実現こそ私の悲願なのです。
南無の会辻説法
Recommend
天上の虹 20―持統天皇物語 (20) (講談社コミックスキス)
天上の虹 20―持統天皇物語 (20) (講談社コミックスキス) (JUGEMレビュー »)
里中 満智子
女帝・持統天皇の人生を描いた大作! 現代の働く女性にもヒントがいっぱい。
Recommend
仏教「超」入門
仏教「超」入門 (JUGEMレビュー »)
白取 春彦
仏教のなりたちから、日本の仏教の不思議まで、ほんっとにわかりやすい入門書です。
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM