<< 京の精進料理/家庭でできる精進料理 | main | 日本史参考書 >>

良寛さまに関する本

良寛さまを題材にした本はたくさんあります。ここにいくつかご紹介しますが、著者の方々が心の中で思い描く良寛像がそれぞれ篤く語られています。そして皆様が心の中に描く良寛さまを求めその足跡を旅していきます。そこでそれぞれの良寛さまに出会い心に焼き付けているようです。私も出雲崎の良寛堂を訪ねました。


良寛の四季



著者:荒井 魏   出版社:岩波書店

あとがきから・・・・・
良寛さんとは、どういう人かと一言で表現すれば、愛の人だったのではないか、と思う。しかし具体的に、その人間性を探っていくと、突然、霧の中に閉ざされてしまう。
権威、権力に近付かず、名誉も求めず、それでいて豊かな人生の四季を送った良寛さん。・・・
真の良寛像とその魅力に迫る歴史ルポルタージュです。



良寛の道



著者:平沢一郎   出版社:東京書籍
良寛さまの歩んだ道をさまざまな視点でたどり、そのイメージの世界を初めて写真で再現。越後地方の美しい風景が撮されています。



良寛さまを旅する



著者:紀野一義   出版社:清流出版
エッセイと写真で綴る良寛像。これまでの良寛像とは一味違った、しられざる良寛像を描き出している。



良寛の呼ぶ聲



著者:中野孝次    出版社:春秋社
いまなぜ良寛を読むか
現代人のこころを癒し、生きる慰めと励ましを与えるひと良寛。貪らず、声高に己を顕示するまでもない清廉な生涯は読む者の胸を打つ。



蓮(はちす)の露  良寛の生涯と芸術


  
著者:ヤコブ・フィッシャー  出版社:教育書籍
昭和12年に出版された英文の良寛の本を訳したものです。序文にこんなことが記されています。「良寛はまことに世に知られるにふさわしい人物であり、必ずや西欧の読者の心に訴える魅力をもっていると信じています。



良寛ひとり



著者:津田さち子      出版社:大本山永平寺
良寛の生涯が大変詳しく著述されています。良寛のことをさらに詳しく知りたいと思う方に最適の一冊です。
| 仏教/仏像 | 22:28 | - | - | - | - |

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recommend
紫の履歴書
紫の履歴書 (JUGEMレビュー »)
美輪 明宏
今回で四回目の出版となる美輪明宏の自伝。
Recommend
愛と美の法則
愛と美の法則 (JUGEMレビュー »)
美輪明宏
2005年に放送され大好評を博した、「NHK人間講座 人生・愛と美の法則」のテキストに、ビジュアルの再編集を加え、新たな装いで書籍化されました。
Recommend
微笑みの首飾り
微笑みの首飾り (JUGEMレビュー »)
美輪 明宏
あらゆる差別がなくなり、みんなほほえみあって生きてゆける世界―その実現こそ私の悲願なのです。
南無の会辻説法
Recommend
天上の虹 20―持統天皇物語 (20) (講談社コミックスキス)
天上の虹 20―持統天皇物語 (20) (講談社コミックスキス) (JUGEMレビュー »)
里中 満智子
女帝・持統天皇の人生を描いた大作! 現代の働く女性にもヒントがいっぱい。
Recommend
仏教「超」入門
仏教「超」入門 (JUGEMレビュー »)
白取 春彦
仏教のなりたちから、日本の仏教の不思議まで、ほんっとにわかりやすい入門書です。
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM