<< 大悲風の如く | main | ブッダ大いなる旅路 >>

私の歎異抄

私の歎異抄

ちくま文庫
著者:紀野一義

十七歳の時から常に身辺から離さず読み続けてきた著者による「歎異抄」私論。あふれる感情を見事に制御し、「簡素」とも言うべき美しさをたたえる親鸞の言葉を「教行信証」「和讃」「末燈証」と比較しつつ読み解き、複雑で多面的な親鸞像に迫っていきます。

第一章にこんなことが書かれています。
永遠なるものをもとめて
人間の生き方は二つあって、自分が自分の力で生きているのだと思う人と、永遠なるものを見つめ、永遠なるものに生かされて生きているのだと思う人に分かれる。
永遠なるものに生かされているということは、われわれが仏のいのちの中に生かされているということである。それを「摂取不捨」というのである。

われわれは自分勝手に、自分の力で生きているのではない。われわれには父も母もある。その父と母にはまた父と母がある。そこには人間の広大無辺な連鎖がある。

われわれが生まれてくる時、そこに大きな力が動いているということを感じないわけにはゆかない。
永遠なるいのちに生かされていることがわかる者は、自分の力でわかるのではない。
わからせてもらうのである。「弥陀の誓願不思議」に助けられまいらせるのである。

永遠なるいのちのはたらきが、その人にはたらきかけてくるのである。
ここでわれわれが考えなくてはならぬことはただひとつ。永遠なるものの力がこの世界をして調和あらしめ、大ぜいの人間を幸せならしめるべく、われわれにはたらきかけ訴えかけていることを、ただ信ずるよりほかないということである。

それを「ただ信心を要とすとしるべし」というのである。
このあと十章まで話は続きますが、この永遠なるものを求めての精神がずーと続いて説かれていきます。

最後に「観無量寿経」の中に次のような一節があります。
仏心とは大慈悲心これなり・・・・・

(レビュー:しんいち)


| - | 19:56 | - | - | - | - |

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recommend
紫の履歴書
紫の履歴書 (JUGEMレビュー »)
美輪 明宏
今回で四回目の出版となる美輪明宏の自伝。
Recommend
愛と美の法則
愛と美の法則 (JUGEMレビュー »)
美輪明宏
2005年に放送され大好評を博した、「NHK人間講座 人生・愛と美の法則」のテキストに、ビジュアルの再編集を加え、新たな装いで書籍化されました。
Recommend
微笑みの首飾り
微笑みの首飾り (JUGEMレビュー »)
美輪 明宏
あらゆる差別がなくなり、みんなほほえみあって生きてゆける世界―その実現こそ私の悲願なのです。
南無の会辻説法
Recommend
天上の虹 20―持統天皇物語 (20) (講談社コミックスキス)
天上の虹 20―持統天皇物語 (20) (講談社コミックスキス) (JUGEMレビュー »)
里中 満智子
女帝・持統天皇の人生を描いた大作! 現代の働く女性にもヒントがいっぱい。
Recommend
仏教「超」入門
仏教「超」入門 (JUGEMレビュー »)
白取 春彦
仏教のなりたちから、日本の仏教の不思議まで、ほんっとにわかりやすい入門書です。
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM