文化財保存学入門


文化財保存学入門―感じとる智慧・つながる記憶
立正大学仏教学部監修、秋田貴廣編
発行元: 丸善プラネット(株)定価:1,575円(税込)



本書は、平成20〜22年度に実施された立正大学仏教学部主催
『仏教文化体験学習センター・文化財修復研究学習プロジェクト』
を元に編集されたものです。
文化財保存とその方法等について詳しく解説されています。
文化財保存はなかなか接する機会が有りませんので大変興味深く感じました。

第一部は、保存や修復の各分野に携わっている専門家9人が
文化財保存の諸相についてまとめたものです。

第二部は、平成21年1月31日に開催された『特別講演会―文化財修復から見えること―』
の講演内容を収録したものです。

第一部 文化財保存の諸相

第一章 <総論>文化財修復の意義と可能性―一修復者の立場から― 
 秋田貴廣(立正大学仏教文化財修復研究・実習室研究主任/仏教学部教授)

第二章 生きている文化財をまもる―景観・集落の保全― 
 黒田乃生(筑波大学 芸術系准教授)

第三章 日本・東洋の彩色作品の修復
      ―日本画・東洋画・書蹟・彫刻彩色の修復の現場から― 
 仲 裕次郎(一世保存修復研究所代表)

第四章 文化財と科学―保存科学の役割とその内容― 
 松島朝秀(高知大学総合教育センター准教授)

第五章 日本の文化財保存修復の現状を考える―イタリアとの比較を通して― 
 岡田 靖(東北芸術工科大学文化財保存修復研究センター専任講師・研究員)

第六章 漆工品修復―人々が残したかたち― 
 大西智洋(九州国立博物館内目白漆芸文化財研究所 九州支部長)

第七章 油彩画の構造と修復 
 中右恵理子(絵画保存修復家)

第八章 博物館の役割 
 阪田正一(立正大学文学部 特任教授)

第九章 「世界遺産」という取り組み―課題と可能性― 
 UGO MIZUKO(学習院女子大学国際文化交流学部 准教授)

第二部 特別講演会―文化財修復から見えること―(平成21年1月31日開催)
 
第一講 まもりたいもの残せないもの―共有財としての幻想― 
 神居文彰(平等院 住職/東京藝術大学 非常勤講師)

第二講 文化財修復の意義と実践―仏像修理を中心に― 
 藤本悵譟丙眞痛/諭“術院国宝修理所 所長)


| 文化財 | 10:30 | - | - | - | - |

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recommend
紫の履歴書
紫の履歴書 (JUGEMレビュー »)
美輪 明宏
今回で四回目の出版となる美輪明宏の自伝。
Recommend
愛と美の法則
愛と美の法則 (JUGEMレビュー »)
美輪明宏
2005年に放送され大好評を博した、「NHK人間講座 人生・愛と美の法則」のテキストに、ビジュアルの再編集を加え、新たな装いで書籍化されました。
Recommend
微笑みの首飾り
微笑みの首飾り (JUGEMレビュー »)
美輪 明宏
あらゆる差別がなくなり、みんなほほえみあって生きてゆける世界―その実現こそ私の悲願なのです。
南無の会辻説法
Recommend
天上の虹 20―持統天皇物語 (20) (講談社コミックスキス)
天上の虹 20―持統天皇物語 (20) (講談社コミックスキス) (JUGEMレビュー »)
里中 満智子
女帝・持統天皇の人生を描いた大作! 現代の働く女性にもヒントがいっぱい。
Recommend
仏教「超」入門
仏教「超」入門 (JUGEMレビュー »)
白取 春彦
仏教のなりたちから、日本の仏教の不思議まで、ほんっとにわかりやすい入門書です。
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM