「仏教女子」入門

丸の内はんにゃ会の本が出版されました。!!!!

こころ安らぐ「仏教女子」入門
洋泉社ムック   1200+税
3月17日出版予定



目次
第一部 仏像に会いたい
     多くの女子をとりこにした、阿修羅と
     その仲間たちの写真
     東京近郊のおすすめ仏像
     仏像が買える店紹介
第二部 お坊さんが気になる!
     "お坊さんのファッション宗派によってどう違う?"
     お坊さんの1日
     お坊さん紹介 
     “犂濟 松下弓月さん 
     ¬師寺 村上定運さん
      (早稲田の大学院でサンスクリット語学)
     9睫郢魁)田眞彰さん(休日はプロレーサー坊さん)
     づ豸山 正楽寺 吉水快聞さん
      (東京藝大で仏像彫刻、修復)
第三部 仏教レジャーのすすめ
     高野山
     宿坊、精進料理、朝護摩、阿字観、見どころ 等々
     總持寺で半日修行香林院で朝座禅
     写経、写仏、書道もできる!
     日帰り尼僧
     マンダラぬりえ
     声明ライブ
第四部 仏教テイストを日常に取り入れる
     "見開き仏具インテリアのお部屋"
     仏具の紹介
     ロザリオ代わりに仏像ネックレス"
     仏教グッズ"
第五部 ザックリ理解したい「仏教」
     仏教って、どういう教え?
     大ヒットソング「般若心経」の意味を知ろう
     ゴスペル般若心経
     朝胤さんインタビュー
     もっとお寺に出かけよう!


| 仏教/その他 | 22:51 | - | - | - | - |

「佛教語大辞典」

佛教語大辞典  中村 元

先日、長野の義母の実家にあったこの辞典を譲りうけました。
中村先生のお人柄に惹かれぜひ欲しいと思っていたところだった。



毎日出版文化特別賞を受賞した『佛教語大辞典』全3巻
(1975年刊行)をA5判全1巻にそのまま縮小した便利な机上版。
インド・中国・日本の仏教文献から収集した4万5千語を収録し,
出典まで示しています。


仏教に「和顔愛語(わげんあいご)」という言葉がある。
なごやかな顔とやわらかい言葉遣いのことで、
仏教者としてだれにでもできる布施とされている。
とはいえ、それが難しいのが人の世なのだが、中村氏は和顔愛語を生涯貫いた。
1975年に完結した全3巻の「佛教語大辞典」は、20年かけて書き上げた原稿を預かった出版社が紛失してしまい、
再度8年をかけて書き改めた労作だった。
黙々と再執筆に取り組む姿勢が、研究者たちの胸を打った。 
その人柄はだれからも慕われ、尊敬された。

| 仏教/その他 | 19:31 | - | - | - | - |

「辞世の辞」

辞世の辞
水上勉/著 ヘンリ・ミトワ/著



毎晩ベッドに入る前に「さようなら、みなさん」といって深い眠りにつき、朝になり死んだはずの一日を自由に生きるという水上勉と、絶望の中で禅道場に辿り着いたミトワが、禅の本質や人間の生の根本などを思う存分語る対談集です。

ヘンリ ミトワ(Mittwer,Henry)
1918年、アメリカ人の父と日本人の母の間に横浜で生まれる。
カソリック学院セント・ジョセフ・カレッジ中退。40年、渡米。
太平洋戦争の勃発により強制収容所へ送還された。
戦後、ロサンゼルスでエレクトロニクス技師に。
千崎如幻の禅堂に通い、法号を受ける。
61年、日本へ。73年より、京都天龍寺の平田精耕の弟子となり、現在に至る。
以前ミトワ先生とは趣味の陶芸の個展を東京で、何度か開いていたのでその時に良くお会いしていた。
京都にもお訪ねしましたが、ここ数年は新年のご挨拶だけになってしまい、もう忘れられているかと??

ヘンリ・ミトワの祈り
サライ・インタビュウー : 大事にしたいものは清貧

いま思うことは、吾唯知足(われただたることをしる)。
欲を出さない、ということです。
禅堂にいると、それこそなにもないんですよ。
カネもなければ、着るものだって何百年とモデル・チェンジのない衣だけ。
それも夏と冬の2枚しかない。ラジオもテレビも新聞もない。
食い物は一汁一菜。一番質素に暮らしているんです。
それでも人間は生きていけるんじゃないかと。
それで充分じゃないかと。もしそれになにかが加われば、
ものすごく豊かに感じるわけです。

だからまず一番どん底の暮らしを知って欲しいと思う。
いまは生まれたときからなんでもありますから、貧乏を知らない。
際限のない欲が人間を不幸にしているのです。
利休がいったように、”家は漏らぬほど、食は飢えぬほど”
がいい。
1年間に3万人以上もの自殺者が出ているそうですね。
現代は多くの人が精神的に追いつめられて、心が曲がってしまう時代なのでしょう。
顕微鏡でゾウリムシやアメーバを見るでしょ。
それを針で突っつくと逃げて行くんです。
意志がないように見える虫でも、死にたくないんですね。

人間って、あまり賢いとよくないね、理屈ばかり考えますから。
人間は、誰だって片道切符です。一日暮らしなんです。
僕なんか、朝、目が覚めて”これ本当に生きているのかいな。
ひょっとしたら、生きていないのに空想で夢まぼろしを見ているのかもしれない”なんて。
寝るときも、”はい、さようなら”で休みます。
一日暮らし。いい言葉でしょ。明日はおまけにもらった一日。

心貧しければ大天地、大ならず。
心豊かなれば小天地、小ならず。


狭い心からは狭い世界しか見えないけれど、広い心でいればどこにいても宇宙を感じとれます。
そうやって生きると、毎日毎日が平和で楽しい。
日々是好日(ひびこれこうじつ)です。

ヘンリ・ミトワ(天竜寺南芳院留護) 
サライ2003年5月15日号  小学館
| 仏教/その他 | 19:22 | - | - | - | - |

ニューヨーク坊主、インドを歩く

ニューヨークのお坊さんの、のんびりゆったりインド旅

ニューヨーク坊主、インドを歩く
ニューヨーク坊主、インドを歩く
著者:中垣 顕実
出版社:現代書館

ニューヨークにお坊さんがいたことがまず驚きである。
本願寺が、ニューヨークにもあるらしいのだ!

そこで住職をつとめる中垣 顕実さんのインド旅行記です。
「さすがはインド時間…」と、読んでる方がイライラするような
とってもルーズな現地の時の流れにも苛立つこともない…。さすがは修行を積んだお坊さんです。

のんびり、のほほんとした語り口と、意外に上手な(失礼!)イラストで、
お坊さんと一緒に旅をしている気分に浸れます。

今度は、ニューヨークでの活動をつづった本なんかも読んでみたいなぁ♪

丸の内はんにゃ会




| 仏教/その他 | 01:25 | - | - | - | - |

日本仏教史

『日本仏教史−思想史としてのアプローチ−』
著者:末木文美士 新潮文庫



いままでの「日本仏教史」は大部分日本史の専門の学者によって
書かれた文字どうりの歴史書でした。
この本はもう少し思想に力点を置いたものになっています。

そして「日本にやってきた仏教というものが"日本の仏教"という
独特なものに変化してしまったのは何故か?
何故日本人はそのことを不思議に思わないでいるのか?」
ということの理由を探ろうとする本でもあります。

同じ仏教でもインドとも中国とも異なる日本の仏教は、
どのような変化を遂げて成立したのだろうか?

6世紀中葉に伝来して以来、聖徳太子、最澄、空海、明恵、
親鸞、道元、日蓮など数々の俊英、
名僧によって解釈・修正が加えられ、時々の政争や時代状況を
乗り越えつつ変貌していった日本仏教の本質を精緻に検証して
います。
それは我々日本人の思想の核を探る知的興奮に満ちた旅でもあります。

文庫本としてはかなりのボリュームですが、どんどんと読み進む
うちに仏教の流れの中に引き込まれていきます。

| 仏教/その他 | 21:34 | - | - | - | - |

雑誌の紹介

各週・月刊に発行されている雑誌には、仏教や国宝、古都を紹介
した特集号があります。

美しい写真と簡単な記事で、入門書には最適です。
どれも、500円から600円ぐらいです。
書店で手に取ってみてください。

  

  

  
| 仏教/その他 | 14:40 | - | - | - | - |

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recommend
紫の履歴書
紫の履歴書 (JUGEMレビュー »)
美輪 明宏
今回で四回目の出版となる美輪明宏の自伝。
Recommend
愛と美の法則
愛と美の法則 (JUGEMレビュー »)
美輪明宏
2005年に放送され大好評を博した、「NHK人間講座 人生・愛と美の法則」のテキストに、ビジュアルの再編集を加え、新たな装いで書籍化されました。
Recommend
微笑みの首飾り
微笑みの首飾り (JUGEMレビュー »)
美輪 明宏
あらゆる差別がなくなり、みんなほほえみあって生きてゆける世界―その実現こそ私の悲願なのです。
南無の会辻説法
Recommend
天上の虹 20―持統天皇物語 (20) (講談社コミックスキス)
天上の虹 20―持統天皇物語 (20) (講談社コミックスキス) (JUGEMレビュー »)
里中 満智子
女帝・持統天皇の人生を描いた大作! 現代の働く女性にもヒントがいっぱい。
Recommend
仏教「超」入門
仏教「超」入門 (JUGEMレビュー »)
白取 春彦
仏教のなりたちから、日本の仏教の不思議まで、ほんっとにわかりやすい入門書です。
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM