古代史の思いがけない真実

法隆寺の謎を解く 武澤秀一著 ちくま新書



法隆寺はなぜ、誰によって、どうして建てられたか。

法隆寺は信仰の対象であるにとどまらず、
つねに議論の的となってきました。
謎が謎を生み自己増殖してゆく面もあります。
それだけ法隆寺は、わたしたちにとって大切な存在なのであり、
ここに日本文化の原点がひそんでいることをだれしも感じ
取ってきたのです。

法隆寺は世界最古の木造建築として"世界遺産"に指定されて
います。
しかし実は、私たちが目にしている法隆寺は七世紀後半から
八世紀初めにかけて「再建」されたものであり、
そうしたことがわかったのは一九三九年になってからの
ことにすぎません。

しかも聖徳太子による創建から「再建」達成までの百年間は、
仏教の日本化と並行して、古代王朝の内部で激しい権力闘争が
起こった時期でもありました。

仏教やヒンズー教などのインドの宗教建築を踏査してきた著者が、
回廊の構造や伽藍の配置などから古代世界を読み解く、
空間的な出来事による「日本」発見の書です。

| 仏教/お寺 | 23:11 | - | - | - | - |

新刊出るたびドキドキ 写真がきれいな仏教ムックシリーズ

去年ごろから、お寺や仏像に関するムックシリーズがたくさん発売されていますね。
ついつい、全巻ほしくなってしまいますが、さすがにそこまで大人買いできる余裕もなく…。
でも、はんにゃ先輩のしんいち兄さんは、かなりたくさんお持ちのようなので、お写真とレビューを頂戴しました〜!
(えつこ)

日本の仏像「法隆寺 百済漢音と大宝蔵院 夢殿」
週刊「日本の仏像」 全50巻
発行:講談社 定価:580円

古寺を巡る「薬師寺」
週刊「古寺を巡る」 全50巻
発行:小学館 定価:580円

仏教新発見「法隆寺」
週刊「仏教新発見」 全30巻
発行:朝日新聞社 定価:580円

どの本も綺麗な写真でお寺を紹介しています。
特に「日本の仏像」は、原寸大で迫力のある写真です。

(レビュー:しんいち)
| 仏教/お寺 | 09:55 | - | - | - | - |

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recommend
紫の履歴書
紫の履歴書 (JUGEMレビュー »)
美輪 明宏
今回で四回目の出版となる美輪明宏の自伝。
Recommend
愛と美の法則
愛と美の法則 (JUGEMレビュー »)
美輪明宏
2005年に放送され大好評を博した、「NHK人間講座 人生・愛と美の法則」のテキストに、ビジュアルの再編集を加え、新たな装いで書籍化されました。
Recommend
微笑みの首飾り
微笑みの首飾り (JUGEMレビュー »)
美輪 明宏
あらゆる差別がなくなり、みんなほほえみあって生きてゆける世界―その実現こそ私の悲願なのです。
南無の会辻説法
Recommend
天上の虹 20―持統天皇物語 (20) (講談社コミックスキス)
天上の虹 20―持統天皇物語 (20) (講談社コミックスキス) (JUGEMレビュー »)
里中 満智子
女帝・持統天皇の人生を描いた大作! 現代の働く女性にもヒントがいっぱい。
Recommend
仏教「超」入門
仏教「超」入門 (JUGEMレビュー »)
白取 春彦
仏教のなりたちから、日本の仏教の不思議まで、ほんっとにわかりやすい入門書です。
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM