仏像に関する不思議エピソードが満載「仏像のふしぎ」

「仏像、大好き!」で仏像の基本を学んだら、次に手に取りたいのがコレ。

「仏像のふしぎ」瓜生中 著

「仏像のふしぎ」瓜生中 著

仏像の種類についての解説もわかりやすく、こちらは代表的な仏像を写真で紹介してくれるので、
イラスト版だった「仏像、大好き!」とはひと味違った理解を深められます。

私のお気に入りなのは、後半に掲載されている仏像の「ふしぎなはなし」と
秘仏の紹介ページ。

「ふしぎなはなし」は、仏像にまつわる伝説などを紹介したコーナーで、
昔の人がどれだけ仏像に親しみと敬意を持っていたのかが伝わってきます。
私も仏像が好きだけれど、テレビがあってインターネットがあって、
ロケットで宇宙にいけちゃう時代に生まれてしまったために、
ここまでの信仰心と親しみを持てていないのが悲しいやら申し訳ないやら。

人々に愛され敬われてきた伝説を知ると、その仏像を拝観するときの気持も
よりいっそう高まるというものです。

秘仏のページも、なかなか会いに行けない仏像たちを
写真だけでも拝めるありがたいページ。
ご開帳は21年に一度、という高野山の弥勒如来の写真も!
今年の春にご開帳だったのに、行けなかった無念を写真で晴らしています。
次のご開帳のときには、会いに行けるといいなぁ。
| 仏教/仏像 | 10:36 | - | - | - | - |

仏像に興味を持ち始めたら、まずはコレ!「仏像、大好き!」

こんにちは、丸の内はんにゃ会副長のえつこです。久々に本レビューを再開します!

私が仏教に関心を持ち始めたのは「写経」がきっかけだったのですが、
お寺に行き始めると気になってくるのが 仏像

ナントカ菩薩とか ナントカ如来とか いろいろな名前がついてるけど、どう違うの!?
このポーズには一体何の意味が…!?

そんな私に仏像のことをわかりやすく教えてくれた本がこれです。

 「仏像に会いに行こう 仏像、大好き!」田中ひろみ著

「仏像、大好き!」田中ひろみ 著

この本がきっかけで、著者の田中ひろみさんと出会い、
面倒見のいい田中さんにすっかり甘えて、子育て期に突入した私の代わりに
丸の内はんにゃ会の代表を引き受けていただく という御縁を生んでくれた本でもあります。

写真ではなく、イラストで解説されているので仏像の特徴がわかりやすく、
初心者が不思議に思う仏像の情報が網羅されています。
一度読んだだけではすぐに知識が消えてしまうので、仏像を見るたびに家に帰って再読しては
「ああ、そういうことだったのか」と納得しています。

仏像に興味を持ち始めた方にはぜひおすすめしたい一冊です。
| 仏教/仏像 | 00:24 | - | - | - | - |

文化財保存学入門


文化財保存学入門―感じとる智慧・つながる記憶
立正大学仏教学部監修、秋田貴廣編
発行元: 丸善プラネット(株)定価:1,575円(税込)



本書は、平成20〜22年度に実施された立正大学仏教学部主催
『仏教文化体験学習センター・文化財修復研究学習プロジェクト』
を元に編集されたものです。
文化財保存とその方法等について詳しく解説されています。
文化財保存はなかなか接する機会が有りませんので大変興味深く感じました。

第一部は、保存や修復の各分野に携わっている専門家9人が
文化財保存の諸相についてまとめたものです。

第二部は、平成21年1月31日に開催された『特別講演会―文化財修復から見えること―』
の講演内容を収録したものです。

第一部 文化財保存の諸相

第一章 <総論>文化財修復の意義と可能性―一修復者の立場から― 
 秋田貴廣(立正大学仏教文化財修復研究・実習室研究主任/仏教学部教授)

第二章 生きている文化財をまもる―景観・集落の保全― 
 黒田乃生(筑波大学 芸術系准教授)

第三章 日本・東洋の彩色作品の修復
      ―日本画・東洋画・書蹟・彫刻彩色の修復の現場から― 
 仲 裕次郎(一世保存修復研究所代表)

第四章 文化財と科学―保存科学の役割とその内容― 
 松島朝秀(高知大学総合教育センター准教授)

第五章 日本の文化財保存修復の現状を考える―イタリアとの比較を通して― 
 岡田 靖(東北芸術工科大学文化財保存修復研究センター専任講師・研究員)

第六章 漆工品修復―人々が残したかたち― 
 大西智洋(九州国立博物館内目白漆芸文化財研究所 九州支部長)

第七章 油彩画の構造と修復 
 中右恵理子(絵画保存修復家)

第八章 博物館の役割 
 阪田正一(立正大学文学部 特任教授)

第九章 「世界遺産」という取り組み―課題と可能性― 
 UGO MIZUKO(学習院女子大学国際文化交流学部 准教授)

第二部 特別講演会―文化財修復から見えること―(平成21年1月31日開催)
 
第一講 まもりたいもの残せないもの―共有財としての幻想― 
 神居文彰(平等院 住職/東京藝術大学 非常勤講師)

第二講 文化財修復の意義と実践―仏像修理を中心に― 
 藤本悵譟丙眞痛/諭“術院国宝修理所 所長)


| 文化財 | 10:30 | - | - | - | - |

法華経を生きる

法華経を生きる「上」「下」
水書坊 市川智康 著

市川智康
立正大学大学院修了、池上本門寺に奉職、布教部執事、
執事長を歴任し、本門寺における教学・布教などの学事
を統括する学頭に就任。 南無の会総務。
大セールを記録した「仏様の履歴書」をはじめ著書多数。



この本は、大本山池上本門寺の学頭の市川智康先生が
池上本門寺の教誌「池上」に連載されていたものを
整理したものです。




法華経は、日本人が最も古くから親しんだお経で、
日本人の精神構造の背骨となっているといっても
過言ではありません。
すべての人々に永遠なる仏の生命を得させる神薬の
ようなお経で、釈尊はこのお経を説くためにこの世
にお生まれになったのだと説いています。(本文より)


| - | 21:40 | - | - | - | - |

NHK こころの時代 宗教の時間

 NHK こころの時代と宗教の時間のテキストのご案内です。



第3日曜日 午前5時00分〜6時00分
こころの時代
〜宗教・人生〜 シリーズ 
永遠のいのちの教え〜法華経のことば〜(上)

法華経は古来、経典の王「経王」と呼ばれ、
日本の古典文学や仏教美術に大きな影響を与えてきました。
『法華経』はゴータマ・ブッダ(釈尊)を超人的で偉大な
仏陀であると描いています。
406年に鳩摩羅什に『妙法蓮華経』と漢訳されたその経典の教えと、
ブッダと私たち人間との関係性をひも解いていきます。
・ガイドブック 年2回(3・9月発売)



第2日曜日 午前8時30分〜9時00分
宗教の時間 シリーズ 
夢窓国師“夢中問答”をよむ

禅の教えとはなにかを読み解いていきます。
臨済宗の僧・夢窓国師が禅について全篇93の問答形式で説いた
夢中問答のなかから11篇に絞って、
“仏教について問う姿勢の大切さ「慈悲」「本当の悟り」
「仏道修行」他を読み解いていきます。
・ガイドブック 年2回(3・9月発売)


| 仏教/おしえ | 21:27 | - | - | - | - |

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recommend
紫の履歴書
紫の履歴書 (JUGEMレビュー »)
美輪 明宏
今回で四回目の出版となる美輪明宏の自伝。
Recommend
愛と美の法則
愛と美の法則 (JUGEMレビュー »)
美輪明宏
2005年に放送され大好評を博した、「NHK人間講座 人生・愛と美の法則」のテキストに、ビジュアルの再編集を加え、新たな装いで書籍化されました。
Recommend
微笑みの首飾り
微笑みの首飾り (JUGEMレビュー »)
美輪 明宏
あらゆる差別がなくなり、みんなほほえみあって生きてゆける世界―その実現こそ私の悲願なのです。
南無の会辻説法
Recommend
天上の虹 20―持統天皇物語 (20) (講談社コミックスキス)
天上の虹 20―持統天皇物語 (20) (講談社コミックスキス) (JUGEMレビュー »)
里中 満智子
女帝・持統天皇の人生を描いた大作! 現代の働く女性にもヒントがいっぱい。
Recommend
仏教「超」入門
仏教「超」入門 (JUGEMレビュー »)
白取 春彦
仏教のなりたちから、日本の仏教の不思議まで、ほんっとにわかりやすい入門書です。
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM